12月16日 横浜FC主催 ヨコハマすぽるとカップ2017

 

様々な障害を持つ方のフットサル大会である、ヨコハマすぽるとカップを見学して来ました。

Actionとしても やりたい事の1つである障がい者サッカーやフットサルを直に見れるという事で、見学というより視察に近い感じでした。

 

人工芝のフルコートを4つに区切り、試合が行われてました。

目をキョロキョロさせながら、あちこちの試合を見た中で、決勝戦は両チームとも熱く、見てるこっちも

興奮しました。

 

改めてスポーツの良さ・強さを実感しました。

障がい者でも、少し工夫すればスポーツを楽しめます。

障がいがあるから、お金がないから といった理由で、やりたい事がやれないというのは寂しいし、おかしな話ですよね。

周りのサポート次第で絶対クリアできると思ってます。

 

プロスポーツクラブが、このようなイベントを開催し発信してくれるのは、とても意味があるなと感じます。

16日・17日は、新横浜で車椅子バスケの全国大会が行われてました。

障がい者スポーツを楽しむ事のできる施設など、どんどん増え、今より環境が整ってくれればと思います。

 

スポーツは健常者だけのものではない。

ほんと強く思います。

「パラリンピックやってからオリンピックやればいいじゃん」と個人的に思ってます。

スポーツに限らず、障がい者の方々が暮らしやすい地域社会にしていかなくてはいけません。

Actionの活動は当事者意識が高いので寄り添えると思ってます。

 

ご招待してくださり、担当者の方達を紹介しながらコート内や参加チームの説明をしてくれた、

横浜FC営業部 岩本さん、ありがとうございました!

バスを降りると、ほぼ目の前にこれが!

入り口には、これが!

いや〜興奮します⚽

みんな熱いなあ〜⚽️

そして、コート広い!

フリ丸と記念撮影(笑)

意外にデカい(笑)

岩本さん、柿沼さん、

ありがとうございました!

【ハシゴして2件目です(笑)】